オンラインゲーム 借金返済

MENU

オンラインゲームから発生した借金返済

今ではインターネット上でのゲームが非常に盛り上がっています。私は普段からオンラインゲームを長時間プレイしており、そこでは様々な出来事があります。困ったのがオンラインゲームの課金システムです。このシステムではお金を払うことでアイテムなどがゲットできます。課金の優れている部分はアイテムが非常に強力なことです。そのため、私は課金システムを使って非常に強力なキャラクターを作ったのです。

 

後になって気付いたのが大きな借金でした。課金システムで使っている金額は少ないと思っていたのが間違いでした。ここでは少しの金額でも集まれば膨大な借金になります。自分はオンラインゲームの課金で既に20万円近くを使っていたのです。この金額を見てからは借金返済に努めました。

 

実際にお金を返すのは大変な作業です。ここでは借りていた金額にも利子などがついてしまいます。だからこそ大きな責任感を感じるのです。自分はオンラインゲームをやめて仕事に専念しました。その結果として無事に借金返済ができたのです。ここで勉強になったのがオンラインゲームにお金を払うのはやめることです。

 

オンラインゲームの課金システムには注意した方が良いと思います。なぜなら、知らないうちに私のような失敗をするためです。オンラインゲームで個人再生にまで発展することもあります。個人再生はデメリットがあるので、なんとかそんな状況にはならないようにしたいものです。

借金返済について

私は大学の時、奨学金を借りて入学し卒業しました。

 

そして今、現在フリーターです。友達との遊び、税金もろもろ払い仕事もなくぷらぷらとしている内にお金がなくなり親に頼みこんでお願いだから今月だけでいいからと頼みお金を頂いている状態です。一度でも滞納するとブラックリストにのり、お金を貸してくれなくなったり車や家を買いたい時でも査定で引っかかるのではないかと不安です。

 

借金を借りるのは生半可な気持ちで借りるわけにはいきません。聞いた話によると奨学金を借りて遊びほうけ、返す時になって大変な目にあっている人達がいます。

 

借金を借りて失くなったらまた借りてを繰り返すようになったらダメです。

 

借金の泥沼にはまって抜け出せなくなっている状態です。

 

他にも借金を借りて、返す期限になったら他の人から借りた金で返すという技を行っている人もいました。

 

私はそれを聞いたとき、頭良いのでは?と思ったのですが、最終的に返せないで終わるとその子供にまで影響しそうだなと思いました。

 

借金を借りている人達は色々な事情を抱えていると思いますが、きっちり最終的に返済する。当たり前の事かもしれませんが、そういう事が出来て一人前の社会人だと思うので、いつまでもフリーター暮らしするわけにはいかないぞと思うこのごろです。

 

 

 

借金は早めに整理することが大事

競馬で負け、それを取り戻すために借金をして、その借金を返済するために新たな借金をする。これは私の失敗談です。その額は、トータルすると5百万円は余裕で超えます。ごく普通のサラリーマンである私が、このような多額の借金をつくってしまいましたが、その原因はちょっとした心のすきでした。
 借金は借金を生み、更に利息を生みます。お金がなくて借金をしたわけですから、それを返すのは容易なことではありません。今、思えば、自分で何とかしようと考えず、早く家族に相談すべきだったと思います。借金は自分の責任なので、自分で解決すべきですが、自分で解決することができない状況になったら、家族に相談する、あるいは法律が準備している債務整理の手続きをとるなど、何らかの対応を取る必要があると思います。
 現在、私は妻の協力を得ながら、その返済を進めているところですが、もう少し早く妻に相談していれば、今の負担が軽減できたと後悔をする一方、手がつけられない状況になる前に妻に打ち明けたので、まだ他人にまで迷惑をかけずにすんだのだと考えているところです。
 借金はしないことが一番ですが、借金をせざるを得なくなった場合には、それを返済するよう努力する。なかなか返済ができず、自分の返済能力を越えたら、一刻も早く、身内または債務整理の専門家に相談することが大事です。

リボという名の借金返済の経験について

リボ、と聞くとなんだかかわいらしい響きがありますが、本当におそろしい存在です。

 

私は、1年間で100万円近くのリボ払い清算をしました。

 

きっかけは、結婚することが決まったからでした。

 

それまで私は、十年間一人暮らしをしていました。

 

大学に入るため都会に出てきて、そのまま就職した、というパターンです。

 

地方の子によくありがちなのですが、まず買い物をするところが地元にはないので、都会に出てくると、いろんなお店に行って買い物をしちゃうということがあります。

 

私も、学生のうちは、仕送りやバイト代で賄えていたんですが、

 

就職すると毎月まとまった額がもらえるようになるのと、やっぱり少し高級なものがほしくなったり、いい化粧品がほしくなったり、ストレスで飲みに行ったりするようになりました。

 

しかも、そこに登場したのがクレジットカードです。

 

そして、リボはそのカードについていました。

 

最初のうちは、困ったときだけ、と思っていましたが、セールなどに踊らされ、また来月のお給料から払えるだろう、と思って使う額がどんどん増えていきました。

 

また、カードも、気づけば何枚か作っていて、一度に翌月引き落とし、というのは厳しくなり、自然と毎月返済のリボになっていました。

 

さらに、自分磨き、と思って通っていた美容院やエステの回数も増えました。

 

毎月引き落としの額が決まっていると、それに甘えてまた買い物をしてしまい、

 

100万近くの返済分はそれでたまったと思います。

 

しかも、貯金もほとんどできずじまいでした。

 

 

 

そんな時、テレビで同じような女性の話を目にしました。

 

その人は200万円あった返済分を、結婚が決まったことで完済した、という体験談でした。

 

 

 

自分も、いずれはこうなる、と思って、それからリボの返済を始めました。

 

それまで、休みの日は何かと外に出てお金を使っていましたが、まずは一か月、なるべくお金を使わず、あえてその月の返済分を多くしました。

 

 

 

そして、その何か月後かにであった人と結婚の話が出て、それからはさらに節約するようになりました。

 

その人には自分の経済状況についてもきちんと話をしました。

 

セールでも外に行かない、飲み会も極力減らす、エステはやめ、美容院も減らし、お金のいるものは削れるだけ削りました。

 

すると毎月ちょっとずつお金を貯金できるようにさえなりました。

 

 

 

食事だけは、コンビニなどのお菓子を買ってしまったり、プレゼントやお稽古事など交際面で削りにくい部分があったため、

 

結局一年がかりでの返済でした。

 

 

 

気軽にできるけど、リボは利子も恐ろしく高くついているんだよ、と言われましたが本当にその通りでした。

 

返済している金額の手数料の金額だけでも、かなりの額だったと思います。

 

でも、やっぱり借金というものの返済を終え、0になった今、本当に気持ち的にも追いつめられることはなくなりました。

 

ものを手に入れることは楽しいけれど、やっぱり自分の身の丈にあった生活を送らないといけない、と実感しています。

 

まだ今は0に近い状態でのスタートですが、これからはマイナスではなくプラスにできるような生活を送りたい、と思っています。

 

更新履歴